minarai_xのブログ

色んなことを書いていきます。

伝えるということ

相手に何か伝える、そういう場面は生きている中でたくさんありますよね。

職業柄、わかりやすく物事を説明することが頻繁に求められます。

 

何を気をつけるかですが、一番は相手の理解度を推測すること。

こっちの説明をどうするかも大切ですが、まずは相手のことを考える。

これによって、説明のレベルを調整します。

大勢の前で話す時は、全体の雰囲気をみてそのレベルを決めないといけないので

難しいですが、一対一の説明であれば、話しながらレベルを調整することができます。

 

二番目は説明する内容に関してですが、過不足をなくすこと。

どちらかと言うと、ムダを省く方です。

何かを説明する場合、色々詰め込んでしまう("善意で"だと思いますが)ことが

多いと感じます。しかし、相手のためを思うなら、いらないものを捨てましょう。

説明するということは、こっちの理解度が高い場合がほとんどです。

だからこそ、本当に相手が必要なもの"だけ"を伝えましょう。

 

三番目は、すでのその方法を使っていますが、内容を3つにまとめること。

3つというのが覚えやすいと言われています。

もちろん内容によってはできないものがあると思います。

それでも説明したい手順やおおまかな内容を大きく3つに分けて説明すると

相手が理解しやすくなります。

 

ちなみに、ここまでの3つ覚えていただけましたか?笑

「相手の理解度を知る」、「ムダを省く」、「"3つ"で説明する」です。

 

あとは文章を書くときですが、これは単純で、一文を長くしないこと。

自分も徹底できているかと言われれば、なんとも言えませんが、

このブログで説明すると一行(40文字)、いくら長くなっても二行くらいでしょうか。

 

色々書きましたが、工夫してしすぎるということはないので、

試行錯誤していきましょう。

広告を非表示にする