minarai_xのブログ

色んなことを書いていきます。

HSPという存在の必要性

HSPとして、今の社会を生きていくことは本当に大変です。

いい会社(部署)で、いい環境を見つけられた人はいいかもしれませんが、

HSP全員がそういう状況にはなれていないと思います。

 

ただ、HSPという気質が失われることなく、人間の何%かがHSPであると

いうことを考えると、HSPとして生まれてきたことに意味があると思います。

(少なくとも私はそう信じていますし、そうでも思わないと頑張れません…笑)

 

なので、今回はどんな場面でHSPの気質を活かせるか考えたいと思います。

 

まず思いつくのが、一人で根気よくすすめる作業。

基本的には誰の邪魔もされず、一人でいられる時に最大限能力を発揮できます。

外からの刺激があまり必要ありませんので、息抜きに雑談をすることもありません。

なので、こういう状況であれば、非HSPよりも成果をあげられるでしょう。

 

次に、非常事態を想定した計画の立案。

普段から、なにか想定外のことが起きたらどうしようと心配して生きているので、

非常事態の時になにが必要か考えることは得意です。

例えば避難計画の立案や、大災害が起きたときの対応を事前に考える場があれば、

HSPを活かせると考えます。

 

クリエイティブな作業。これは私も試しているところです。

これには芸術的なセンスも要求されると思っています。

悲しいかな、私はセンスというものがまるでありません。

ただ、HSPということで敏感だし、ささいなことに気づくし、

なにか手段を見つければ、自分にしかできない表現ができるのではと思っています。

これまで生きてきて、絵画・音楽は無理だと確信しましたので(笑)、

今は文章、写真あたりで…と考えています。

 

結構限定的な内容になってしまいましたね…。

それでもHSPが必要とされる場は他にもいくらでもあると思うので、

自分がどういう時に最大限能力を発揮できるか考えておくことで、

自分がどこにいるべきか、なにをするべきかが見えてくるかもしれません。